ビューティーマガジン公式サイトunextraordinary.com
美容に関する一押しのクチコミ情報を多数ご用意していますのでご関心を
持たれた方やもっと知りたい方は、是非この機会にご覧下さい。
さらに、皆様には為になるWEBサイトのご紹介も行っていますので
そちらも是非ご覧ください。

根強い人気のDHA

マウスにインターロイキン6を産生するがん細胞(ルイス肺がん)を植え付けて、がん性カケクシアのモデルマウスを作った。そしてがん移植後七日目に、モデルマウスを「DHA投与群」「EPA投与群」「水投与群」の三部に分けて、それぞれ一回、経口投与している。その結果二二部ともかん細胞の増殖状態はほぼ同じだったにも関わらず、DHA投与群とEPA投与群では体重の減少が有意に抑えられていることがわかった。しかも生存期間については、水を飲ませていたマウスが三〇日だったのに対して、EPA投与群では四〇日を越え、DHA投与群では五〇という有意な延長が認められたのである。マウスの一日は、人間に置き換えるとだいたい四〇日に相当する。つまりDHA投与群のマウスか、通常(水投与群)より二〇日寿命が延びていたということは、人間だと八〇〇日の延命効果が期待できることになる。八〇〇日延命できれば、その間に抗がん剤や放射線などの治簾でがんを改善できるチャンスもでてくる。しかもDHAでカケクシアの発生を防ぐことができれば、体力の低下が最小限に抑えられるので、がん治療がしやすくなると示唆される。

[関連情報]
サントリーウエルネスオンライン通販のDHA & EPA+セサミンE
http://www.suntory-kenko.com/supplement/main/43322/
> DHAの詳細へ

太らないためのモーニングスタイルとは

朝のダンベル体操は体温を上昇させ、日中、集中力を高める効果を発揮するので、常日頃バリバリと家事や仕事をこなす人には有効です。起きぬけにダンベル体操をすると、体温の上昇がよくわかります。その後の入浴、温かい朝食という3段階のウオーミングアップにより、頭と体のコンディションが整い、午前中から精力的に活動できます。朝食は温かい献立であることが大事で、唐辛子など辛いものを食べると、体温をさらに上昇させることができます。このスタイルが、食事でとったエネルギーを燃やしてむだにする、ダイエットの好条件をつくります。ウェストのくびれが復活バストアップも期待できるのです。脂肪吸引手術の後でもこのダンベル体操を患者さんに日課に科すことがあります。たとえ食べることに目がない女性であっても、ウェストサイズを大幅にダウンさせることができます。ダンベル体操の最大の利点は、食事制限をせずにダイエットできるということです。食事をコントロールするダイエットは、ダンベル体操と並行して行うことで、効果を高いても、効果の早さの違いこそあれ、たるんだウェストをだんだんと引き締めることができるのです。
(参考サイト)脂肪吸引の専門医「銀座イーストクリニック」公式サイト

大人っぽい手元にするにはどんなアートが似合いますか?

節が太いので、ゴツゴツした指が気になります。また、手の甲に厚みがあるため重たいイメージになってしまい可愛らしいアートが似合いません。やわらかさを感じさせる手元にするにはどうしたらよいですか?肌の色と同化するベージュを選び、ツメの形はラウンドスクエアーに。決してツメ先を細く削ってはいけません。デザインは繊細なイメージのマーブル模様で、ツメが主張しすぎないようにします。最後に全体にラメをかけると、女吐らしい印象に仕上がります。きゃしゃな色合いに仕上げるのがうまく大人っぽく見せるポイントです。

アンチエイジングの基礎知識を身につける

50歳までの男性は女性に比べ、この健康サポーターの女性ホルモンが少ないうえに、男性ホルモンは血中のコレステロールや中性脂肪を増加させる働きをしますから、男性ホルモンが多い30代40代の男性は女性に比べ、はるかに生活習慣病にかかりやすくなります。男性は中年期の初期(一番仕事が忙しく、体力的にも自信があるので、つい無茶をしてしまう時期)をどうすごすかが肝心です。現実的には30代から60代の30%以上の男性が肥満症で、その割合は各年代とも女性に比べてはるかに高くなっています。そこを何とかがんばって、この時期に生活習慣病になる因子を避けたとしたら、骨が強くて骨折するリスクが少なく(なんと、女性の3分の1です)、認知症になるリスクも少ない(女性ホルモンと関係があるといわれている)晩年を送ることができます。つまり、もし長生きできたら、女性よりも元気な晩年、高いQOLの晩年が送れる可能性が高いということです。ですからこのミドルエイジの時期に、アンチエイジングの基礎知識を身につけているかいないか、それがとても重要だということがわかっていただけたかと思います。

YouTubeのおススメ動画



コンテンツ